子供の成長

心の大きさ

雑記

今日は、娘が日帰りで足の手術を受けてきました。
ちょっと悪いモノができたみたいで、部分麻酔。

予定では1時間くらいの手術でしたが、かなり長引いてしまいました。

うまくいったけれど、松葉杖をついて、痛々しいです。
早く普通に戻れますように。。。

病院の駐車場がいっぱいで、送迎場まで車をまわして
病院前に横付けしました。

そこしか、送迎する場所はありません。

病院から車まで、ほんの10メートルほどですが、
松葉杖の娘はえっちらおっちら。。ゆっくりペースです。

私も、車から降りて、補助しました。
たった1、2分くらいの話です。

私の車の後ろに、タクシーがきていました。
高齢で、車椅子の男性が呼んだタクシーでした。

私の車のせいで、通れない状態。
内心、悪いなぁと思ったのですが、
手術したばかりの人がゆっくり歩いているわけです。

そして、ここは病院の送迎場なのです。

なのに、その高齢男性は、こう言いました。

「これ、おたくの車?早くどかせなさいよ」

私は、このオヤジ、1分も待てないのかよと思いつつ

「申し訳ございません」

と、いつもより丁寧なくらいに返して、娘を補助しています。

それに対して、
「あんた、常識ないんじゃないの?車をどかしなさいよ」

とまた、イライラして言ってきました。
本当に、1、2分の話です。

この、立派なひげを蓄えた高齢男性は、
偉そうで高慢な態度でした。

あんな大人になりたくない!

深くお辞儀をしながらも、ちょっとため息出ました⤵️

「こんな立派なオレ様を、待たせるなんてこの女子供、許せない。
もっとオレ様を大切に扱うべきだろう。」
そう言いたいんでしょう。

大切にされたいんでしょうね。

でも、あの調子だと親戚一同、逃げていきそうですが。。。

手術が予想外に長引いて、疲れ果てた私たち。
朝一に出て、時刻はもう14時半になっていました。

お昼ご飯、何でもいいから食べよう!とファミレスへ。
さっきはびっくりしたよねーと言いながら、やっと食事。

すると今度は隣の席のおばさん!!!

男性の従業員を呼んで、クレームの嵐。

「私はね、食事と、この空調、涼みに来ているの。なのにクーラーが効かないなんてどういう。。。」

従業員「本当に、本当に、申し訳ございません。」

あ、隣の私たちは普通にクーラー効いていますけど。。
窓側で暑いなら、席変わればいいのにね。

娘は小声で私に、
「こんな文句言う人、テレビ以外で初めて見たよ」
私も内心、そう思った。

そうだよね。あんまりいないよね。
みんな、自分を大切にされたいんだね。。。。

んで、その後もおばさんは怒りがおさまらないようで
(頑固に席は移動しないままで。。)
他の従業員も呼んで、さらに10分くらいさっきの従業員の態度についての文句。

「私にはわかるのよ!あの人、謝りながら内心反省していないタイプよ。
え?あなたには優しいの?あなた、人生経験がまだアレだからわからないのよ。
私には、わかるの!!」

何だか、さっきの高齢男性の件でムカムカしていたけれど
これでもう、笑えてきました。

みんな、とにかく自分中心で、
自分が正しい、
自分を大切にして欲しい、
自分を大切にしない人は許さない!

本日のまとめ。

私だって短気に怒ることはあるけど
やっぱり怒るのは自分の許容範囲がこれくらいしかないよ!と示しているようで
かっこ悪いですね。

人は、大切にされたい生き物なのだ、と改めて勉強になりました。

なるべく大切にしてあげつつ、
自分が自分が、という状態になっていないか
注意していきたいです。

あんな大人になりたくないから!w☘️